防犯カメラを買おう:防犯グッズを手に入れる方法

カメラの種類

防犯カメラは目立つところに手の届かぬところに設置しましょう

防犯カメラを住宅に設置するときはどこでもいいわけではありません。ちょっとした一工夫でさらなる防犯機能を高めることができます。泥棒などにとってやはり防犯カメラがあるとないとではその住宅を狙うか狙わないかの大きな差になってきます。ですので防犯カメラは外から見える位置に、一目で設置がわかる場所に置くのがいいでしょう。また防犯カメラを壊されるといけないので、人の手が簡単に届くところには設置をさけ2メートル以上の高い場所に設置することも大切です。また住宅ようの防犯カメラを買う際には録画機能があるものを購入すると記録として残せるのでいいでしょう。また設置の際には時間の誤差がないことが大切ですので、時間の誤差がないように時々確認いましょう。ちょっとした一工夫で防犯効果をさらに高めることができるのです。

町内で情報を共有し警察と連携をしましょう

防犯カメラをただ個人の住宅に設置するだけではなく、最近ではご近所さんと連携して設置したり町内会でお金を出し合って設置したりすることが増えているようです。そうすることにより町内の連携が高まりまた、防犯意識を相互に高めることができるのです。また最近の傾向として、住宅に防犯カメラを設置した場合、録画した映像を何かの事件の証拠として警察に提出し社会貢献を促進するとりくみもあります。最寄りの交番や警察署の生活安全課に連絡して、協力の意志があることを伝える社会貢献をすることも現在よく行われていることです。自らの住宅や家族を守るだけでなく、付近の住民の安全、地域の安全をまもっていける防犯カメラは大変有益なものです。